介護のファシリテーション、人事考課、考課者訓練の感想

株式会社CNS 設立5 周年記念セミナー・9/4 アンケート結果

1.本日の研修の中で、最も印象に残った一言や内容をお知らせください。

・「あたり前基準」 まず、今この組織の中で何を求めていて、そこでは何をあたり前としているのか、しっかり把握すると共に、共有しなくては土台の説得力のない、あらゆる事に対してもろい体制にしかなり得ないと思いました。 この「あたり前」少しずつでも共有する努力をしたいと思います。
・人事考課の際は本気でその職員と関わる。
イメージや人柄に左右されることなく、その人の仕事の結果をきちんと見届けたい。そのためにも一人ひとりの職員と真剣に向き合っていく自分に努力したいと思います。
課題解決のためには、目標設定のレベルが適切であるか(今からでも遅くない!)、その着地点が自分なりに見えているかそこを援助したい。
・新たな取り組みがないとマンネリ化する。
・着地点
 納得を得るために。期間中イメージしやすいように。上司・部下の共通の言語として誤解や温度差を生まないように。
・人事考課は、公平性、公開性、納得性、信頼行動の事実。
 あたり前のことをあたり前に考える。頭に汗をかく→復習しながら現場に活かしていきます!
・人を評価するのではなく、仕事ぶりを評価すること。行動の事実確認をし、負がないようにして、公正公平に、行動の事実からしっかりと心に留めて考課をしていきたいと思います。人材育成は、なにより重要で真剣に向き合って対応しながら信頼関係を構築できるように取り組んでいきたい。
・信頼が大切。人材育成が大きな目的。小さな福祉法人ですが、まず考課の基準となる運営理念、方針、などを共有化できるものにしていきたい。 
 職員のモチベーションを高めるためにも、大切なことと実感しました。
・「人事考課の基本の三原則」を知り、自分から全職員に情の部分でのコミュニケーション作りをしながら、人材育成の為、明日から頑張っていきたい。
・管理者は頭に汗をかく。
・人事考課を行う為の目的やその腕、そして考課の公平性と育成が必要。被考課者へ考課内容を説明し納得して積極的に業務に取り組んで行けるような考課者評価を学習しなければと思いました。 
・あたり前基準(負の基準をつくらないこと)。信頼関係を無くしての)納得はない。  
・心の在り方が大切。青春(詩)→心の様子  自分の業務に愛情を持って生き生きと
 自分の信じている事を言い続け信頼を得る 仕事をして行きたい。人事考課の3原則を出来るよう努力したい。    
 子ども、保護者、職員に愛情を持ち努力したい 
・管理者は頭に汗をかく。
 人事考課→人材育成→サービスの向上 つまり、逆にたどれば、サービスを向上させるには人材育成(組織は人なり)が大事ですが、そのためには人事考課が大事ということ
・人事考課の基本が理解できたこと。
・人事考課の3原則。この原則が守られてない現実がグループワークを通してよくわかりました。
・人事考課がなぜ出来ないのかを考えることによって自分の組織の弱点が見えてきました。
 人事考課が人材育成につながり、さらにはサービスの質につながる。本当ですね。つくづく日々勉強です。
・管理者は頭に汗をかくこと。→いつも全身汗だらけ、冷や汗ばかり
 信頼関係無しには納得はない。→会議等ではいつも一方的に伝達するだけでした。
・求められる行動を伝達する方法を文書にして浸透させていく。
・「信頼なくして納得はない」コミュニケーションを常にとっていきたいと思った。
 「伝えること」「期待すること」具体的に発信していきます。
・被評価者にとって、管理者が評価するという仕事は最重要である。というのが残りました。とかく評価は上からの目線でイメージされがちであり、自身、評価をしながら、自園に関しては被評価者のための評価という視点が弱かったと感じました。
・「職員とのコミュニケーション・信頼関係作りが大切」という言葉が印象的でした。
 職員との面接をしっかり行い、人柄ではなく普段の行動を、保育内容、言動で評価していきたいと思います。
・「人事考課の基本」おおおよそ分かっているつもりであったが、具体的に言葉として表わすことができなかった。部下に伝えるときにここにあるキーワードをつかってわかりやすく説明することにより、「人事考課」の意味を伝えていきたい。


2.研修の感想

・実際に「使える」研修です。「良かった」ではなく、今後の仕事力アップが出来る研修でした。ありがとうございました。
・考課者の立場、被考課者の立場、意見を聞くことができ、言うことができ参考になりました。
・数多く研修の機会が欲しいです。(都合が合う時しか参加できないので)
 同じ法人のたくさんの人に参加してもらいたいです。
・公立で育ってきた人間ですので、法人の方々と話し合い、コミュニケーションを図れる。そして情報交換が出来る→伊集院先生の研修のポイントを講話していただきながらすすめる方法はすばらしいと思いました。
・保育の方が多かったが、皆さんが真剣に取り組んでいる姿に感動した。
・なかなかこういう話を聞く機会が無い中でいろいろ他の人達と話し合う事で勉強になりました。すぐに、活かせる研修でありよかったです。
・自分達に足りないものが何なのか、どうしたらよいのか、先が見えてくるような気がします。明日から即実行できそう、いや実行するぞ、という気持ちになります。今日もありがとうございました。
・今回のようなグループワークは初めてだったので、とまどっていましたが、参加者の皆さんをみならいたいと思います。ありがとうございました。
・今回初めてですので、今後の内容の伝達を次回もお願いします。人前で話すことを大の苦手意識としています。でも思ったことを伝える努力をしていきたいととても思いました。
・色々な方の意見を聞き、 とても参考になりました。仕事にいかして行きたいと思います。
・グループワーク討議の時間が多く皆さんの話を聞けたこと。いつものことですが先生の講義が解かりやすくて、集中して聴けたことです。
・あきらめ感がここ最近漂い気味の職場なので、コミュニケーションを多く取って、共通目的、動機づけを頑張っていこうと思いました。
・安い費用で中身が濃いので大変ありがたいです。
・グループワークの人数が6人だとちょっと多く感じた。4人くらいがかえって話が深められるように思いました。
・人事考課に的を絞り、大変内容の濃い研修で今までの自分の評価基準、判断の甘さなど
 反省点が見えてきて良かったです。職場に戻り実践に活かしていきたいと思います。


DiSC&NLPセミナーを開催します。

是非参加してください。

日時 2012年
   6月30日(土)14:00~17:30
   7月28日(土)14:00~17:30
   8月25日(土)14:00~17:30

費用 3000円(税込)

会場 Qぼーる 15階 会議室(財団法人 千葉市産業振興財団 043-201-9502)
千葉県千葉市中央区中央4-5-1(JR千葉駅徒歩15分 京成千葉中央駅徒歩5分)

申し込み方法
氏名・メールアドレスを記載して info@cnsi.co.jp にメールしてください。

また、毎月第1月曜日、第2第4土曜日にモーニングセミナーを実施しています。
NPO福祉コーポレートユニバーシティ“ぷらちなカレッジ”オープンカレッジも開催しています。

お問い合わせ:メールアドレス info@cnsi.co.jp にお問い合わせください。
[PR]
by kaigojinzai | 2010-09-08 11:11 | コミュニケーション


介護現場(訪問 在宅 居宅 通所 施設 グループホーム)を元気にする人材育成 介護リーダーシップ 良好な人間関係を計画的に構築するためのコミュニケーションスキル紹介 千葉 東京 神奈川 埼玉 大阪 名古屋


by kaigojinzai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
NLP無料体験/研修
介護目標管理
研修内容
介護研修の特徴
介護人材育成のポイント
計画的人材育成の重要性
介護サービスの情報の公表
グループホーム外部評価
福祉サービスの第三者評価
コミュニケーション
お問い合わせの回答
介護リーダーシップ
介護・看護関連情報
未分類

以前の記事

2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 09月
2010年 02月
2008年 10月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

タグ

検索

メモ帳

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

介護福祉士
from 介護福祉士
スポーツクラブのルネサン..
from “あっキ−ンの気の向くままに!”
ターミナルケア 眠気に対..
from 在宅ターミナルケアシステム.コム
ターミナルケア 眠気に対..
from 在宅ターミナルケアシステム.コム
新人介護職の効率的かつや..
from 介護研修 人材育成 介護経営..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧